最近の新聞やTVで「○○さんが急遽入院しました。」、「元気そうに見えたあの
 人が…。」などと目や耳にすることはありませんか?
 一見、健康そうな人でも自分ではわからない病気が潜んでいることがあります。
 現在の医療は「病気になる前に」や「病気が進行する前に」防ぎましょうという
 「予防医学」が注目を浴びるようになってきています。
 糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)等の生活習慣病は、かなり進行しなけ
 れば自覚症状が出にくいといわれております。がんも何年もかかって進行するケ
 ースが多いといわれています。
 現在の「からだの状態を把握し、生活改善を図り、病気の要因を排除すること!」
 そのために必要なのが「人間ドック」であり、小さな病気(病気の要因)をいち早
 く見つけることを目的としています

 

 大きな違いは、「検査項目数」です。企業・職場等で行
 われている多くの健康診断は法(労働安全衛生法)に
 基づく健康診断であり、検査項目がかなり限られてい
 ます。
 人間ドックは「生活習慣病やがん等」を自覚症状のない
 早い段階で発見することを目的としており、いろいろな
 角度からの検査項目が標準で備わっているのが大きな
 違いです。また受診当日に、医師による検査結果説明・指導や管理栄養士によ
 る栄養指導も実施されますので、受診したその日から生活改善を図ることが可
 能な点も大きな違いです。

 

  ※1日2名のみの予約

 日帰り(半日)で終了!

 ※健康保険組合指定の場合
    健康保険組合の指定につきましては、ご加入の
    健康保険組合にお問い合わせ下さい。

     
    ※当センターは、日本総合健診医学会「優良施設認定」を
     受けています。


 
            
    Copyright (C)2008 Kimitsu Kenkou senta,ALL right Reserved.