高齢者の医療の確保に関する法律により平成20年4月から医療保険者(国保・被用者保険)に
 おいて、40歳〜74際の被保険者・被扶養者を対象とする、内臓脂肪型肥満(メタボリック
 シンドローム)に着目した健診及び保健指導の事業実施が義務づけられます。

 
 

 メタボリックシンドロームって?

 いわゆる生活習慣病とよばている主な疾患には「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」などが
 あります。これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積
 した肥満が原因であると考えられています。内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こ
 された状態をメタボリックシンドロームと呼び、注目されています。
  

特定健康診査の項目

 ●質問票(服薬歴/喫煙歴等)
 ●身体計測(身長/体重/BMI/腹囲)
 ●理学的検査(診察)
 ●血圧測定
 ●尿検査(尿糖/尿蛋白)
 ●血中脂質検査(中性脂肪/HDLコレステロール/LDLコレステロール)
 ●血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビンA1c)
 ●肝機能検査(GOT,GPT,γ-GTP)

 <詳細な検診項目>
 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
  ●心電図検査
  ●眼底検査
  ●貧血検査(赤血球数/血色色素/ヘマトクリット値)
 


 特定健康診査では内部脂肪型肥満を調べる方法として「腹囲測定」が実施されます。
 
 また、医療保険者(国保・被用者保険)が、特定健康診査の結果により健康保持に努める必要
 がある人に対して計画的に「特定保健指導」も実施されます。  
 

腹囲測定    


特定健康診査の結果判定

 特定健康診査では、メタボリックシンドロームの該当者・予備群について結果が報告されます。

 ただし、メタボリックシンドロームの該当者であっても特定保健指導の階層化では保健指導
 の種別判定基準が異なっていますので(該当者=積極的支援でないので)注意下さい。
 




 特定健康診査・特定保健指導については、当センターの季刊誌「第36号健康さんぽ」に特集
 しましたので下記リンクを参考にして下さい。

  第36号「健康さんぽ」PDF形式




 
            
    Copyright (C)2008 Kimitsu Kenkou senta,ALL right Reserved.